• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問(FAQ)

FAQ No. 検索

FAQ No.を入力し検索をクリック
※半角数字のみ入力が可能です
  • No : 10686
  • 公開日時 : 2015/10/16 11:43
  • 印刷

[0-3508]内部掃除の際のクエン酸等の使用方法について教えてください

ナビクリーンⅢラベンダー(0-3508-31)
ナビクリーンⅢピンク(0-3508-32)
 

清拭車の内部掃除の際のクエン酸等の使用方法について教えてください
カテゴリー : 

回答

清拭車の内部のお手入れにおいて、基本的にはご使用になって初期の間はスポンジや柔らかいタワシ等による水洗いがベストの方法ですが、相当期間(6ヶ月?1年)が経過した場合、汚れ具合で当初は2週間毎にクエン酸等を20~30g程度を投入し、2~3時間浸潤後、柔らかいタワシ等で洗い水抜きをして下さい(クエン酸投入前に水温は60℃~70℃にしておいてください)
1年位経過後は、内部の汚れ程度の判断でクエン酸等の投入を30~40gに増量させるのが必要です時間は最大3時間程度です浸潤時間が長くなり過ぎると、ヒーターのメッキが剥がれたり、水抜き金具の溶接部が酸で溶かされ、脱落することがあります
目視で一般的にキレイになったのが標準ですよりキレイにするためのクエン酸等のご使用は控え、水洗いだけで対応してください

お手入れ不足で長年経過すると水垢が堆積・固着した場合は、クエン酸を多量に投入されても除去する事は不可能です
かえって内部の部品が侵され、故障の原因になります
水垢は先ずスクレーパー(ペンキ剥がし)等の工具で剥がし、その後ワイヤーブラシや金タワシ等を使用して除去して下さい
水垢除去にむやみにクエン酸を使用することは避けて下さい

この内容で解決できましたか?

よろしければご意見等お聞かせください! ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます