• No : 28234
  • 公開日時 : 2019/07/01 20:41
  • 更新日時 : 2019/09/28 01:41
  • 印刷

[共通]RoHS1~3の違いを教えてください。

RoHS1~3の違いを教えてください。
カテゴリー : 

回答

①最初に定められた 2002/95/EC が  RoHS  もしくは RoHS1 対象は6物質
 
②カテゴリ追加とECマーク付与され 2011/65/EU となったのが
 改正RoHS や RoHS2と呼ばれています。 対象は6物質
 
③2019年7月に定められる (EU) 2015/863、フタル酸が追加される最新RoHSが
 改正RoHS2やRoHS3と呼ばれます。 対象は10物質に増えました。
 
※もともとRoHSという言葉は通称であり、原文(官報名)の規定にはありません。
よって国や企業により呼称が異なるため官報名である 
2002/95/EC  2011/65/EU  (EU) 2015/863  と呼んだ方が確実です。
※弊社では ③RoHS3 10物質 について日本国内の通称である 
「RoHS2 (EU) 2015/863」 と記載します。
 
 
※(EU) 2015/863だけ EUが前に表示されます。
 
■RoHS6物質
①鉛    
②水銀    
③カドミウム    
④六価クロム    
⑤ポリ臭化ビフェニル類(PBB類)    
⑥ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)    
 
■RoHS10(追加4物質)
⑦フタル酸ビス (2-エチルヘキシル)(DEHP)
⑧フタル酸ブチルベンジル (BBP)
⑨フタル酸ジブチル (DBP)
⑩フタル酸ジイソブチル (DIBP)