• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 68751
  • 公開日時 : 2020/09/03 09:27
  • 更新日時 : 2021/02/24 12:36
  • 印刷

[共通]ドラフトチャンバー 面速と風量の違いについて

ドラフトチャンバー 面速(風速)と風量の違い(関係)について教えてください。
 
カテゴリー : 

回答

0.5m/secの面速(風速)で排気するためには
幅1800mmのドラフトなら 約18m3/min以上
1200mmのドラフトなら 12m3/min以上 2400なら 24m3/min以上の
排気風量=ファンの力量 が必要とおぼえておくと便利です。
(実際は安全率を10%見るので 18×1.1=19.8m3/minとなります)
 
※1800幅のドラフトの開口面積は
 およそ幅1500×高400mmです。
 そこを1分間に通過する風速は0.5m/sec×60秒=30m/minです。
 流れる風量は 体積なので 1.5m×0.4m×3m/min=18 m3/min となります。

「必要な風速と風量はそれぞれ 0.5m/sec と 18m3/min(19.8m3/min) です」
これはダクトを伸ばそうが、スクラバーを入れようが変わりません。
常にその風量を確保するためには ファンをパワーアップする必要があります。
パワーアップとは最大静圧(風量は同じだが、ファンの引く力)を高める
必要があるということです。
 

この内容で解決できましたか?

よろしければご意見等お聞かせください! ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます