• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5853
  • 公開日時 : 2015/03/18 00:00
  • 印刷

[1-4602-41]80×φ10の回転子を使用したところ、うまく攪拌ができませんどうしたらいいですか?

1-4602-32 マグネチックスターラー RS-1DN
1-4602-41 マグネチックスターラー RS-1AN

1-4206-13 回転子(四弗化エチレン樹脂製)80×φ10の回転子を使用したところ、うまく撹拌が出来ません。

改善方法などありますか?
カテゴリー : 

回答

回転子が飛び跳ねるような現象が起きているということでしょうか。
それであれば、1-4206-13の回転子は大き過ぎる可能性があります。
本商品の推奨回転子サイズは、
「30×φ8」となります。
弊社商品であれば、 
1-4206-05 回転子(四弗化エチレン樹脂製)30×φ8等が該当します。

尚、回転子の形状には下記のようなものがあります。
・オクタゴン:中央部にリングがあるので、カーブした底や不均衡な容器での攪拌に適している
・フットボール(オーバル):テーパーが大きいので、丸底フラスコの攪拌に適している
・トライアングル:沈殿物を上に押し上げ攪拌する。沈殿物分散・低回転向き。
・スターヘッド(クロスヘッド):低速回転での攪拌に適しており、渦巻状の回転が得られる。音が静か。
・マイクロ・ミクロ:少量の攪拌、試験管・各種セル等の直径の小さい攪拌に適している。
一般的には、棒状の回転子が無難と言われていますが、お客様にて、サイズや形状の異なる回転子をお試しいただき、最適な回転子を見つけていただいている状況です。

この内容で解決できましたか?

よろしければご意見等お聞かせください! ※メールアドレス等は添付さないためご返信できません。