• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 31893
  • 公開日時 : 2019/08/10 12:12
  • 更新日時 : 2019/10/06 15:36
  • 印刷

[共通] アルミ板の規格A2017とA5052の違いについて

3-2821-23 アルミニウム板(A2017) 150×300×t10 
上記製品(3-2821-23)より安価な製品はございますでしょうか。
カテゴリー : 

回答

上記品番は A2017という素材です。 
A5052素材 でお見積り依頼いただけば安価になります。
たとえば
3-2821-27 アルミニウム板(A2017) 150×500×t10 
定価10890円
3-2837-27 アルミニウム板 A5052 150×500×t10 
定価7290円
同サイズで約3割の価格差がございます。◆A2017P:熱処理合金で強度が高く、切削加工性もよい。
  用途は航空機用材、各種構造材など。
◆A5052P:中程度の強度をもった代表的な合金で、
  耐食性、成形性、溶接性がよい。
       用途は船舶・車両・建築用材、飲料缶など。

この内容で解決できましたか?

よろしければご意見等お聞かせください! ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます