• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQ No. 検索

FAQ No.を入力し検索をクリック
※半角数字のみ入力が可能です
  • No : 26218
  • 公開日時 : 2019/03/25 10:02
  • 印刷

[洗浄可否の判断基準、参考例]洗浄できない製品はどういったものですか?

洗浄できない製品はどういったものですか?
カテゴリー : 

回答

<不可品の判断基準例>
・出入り口が細すぎるもの(乾燥できないため)。
・付着物が洗浄槽を汚染するもの(使用済製品など)。

~SCC洗浄不可品の具体例~
・BDポンプ類(ジャバラ部分の乾燥不良及び変形のため)
・シリンジ類(ディスポシリンジ 油分が抽出し、洗浄槽内の水が汚染されるため)
・ピペット類(先端形状が細く、超音波洗浄時に割れやすいため)
・ボクセル(本体と収縮膜の間に洗浄水がたまり、乾燥不可のため)
・小型ボトル*3mlのもの(洗浄の超純水が入らないため)
・油分のついた金属製のもの(洗浄層の汚染)
・その他金属製(特にSUSは超純水で侵食する)

この内容で解決できましたか?

よろしければご意見等お聞かせください! ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます