• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ガラス特注加工に関して 』 内のFAQ

16件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 修理可能なガラス素材は?

    修理可能な素材は、ホウケイ酸ガラスⅠと石英ガラスの2種類になります。 ただし、見た目では素材の見分けが出来ないため、まずは商品の破損状態で修理可否を判断いたします。 その後修理品をご返却いただいた際に、現品確認により、修理不可の素材であることが判明した場合は、修理をお断りさせていただく場合がございます。 ... 詳細表示

    • No:10347
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 破損したガラス器具の修理可否を教えて欲しい。

    まずは、ご使用のガラス器具の写真をWEBサイト・特注ラボよりお送りください。 専任担当者が内容を確認し、修理可否をご連絡させて頂きます。 また、修理可能な素材は、ホウケイ酸ガラスⅠと石英ガラスの2種類になります。 ただし見た目では判断できない為、現品をお預かりした後に修理可能な素材でないことが判明した場合は... 詳細表示

    • No:10348
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 修理中にガラス器具が破損した場合の対応は?

    修理中に破損した場合は、費用は請求いたしません。 ただし、修理品の弁償は出来ません。 ガラス修理品には、肉眼では確認出来ない傷も多く、火加工するとそこから割れる場合もあります。破損する可能性がある旨ご了承頂いた場合に修理依頼をお受けしております。 詳細表示

    • No:10349
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 使用中のガラス器具に追加工は可能ですか?

    まずは、ご使用のガラス器具の写真とご希望の加工内容についてWEBサイト・特注ラボよりお送りください。 専任担当者が内容を確認し、対応可否をご連絡させて頂きます。 ガラスの素材によっては、追加工が出来ないものもございます。 見た目では判断出来ない為、現品をお預かりした後、 対応不可のご回答をさせて頂く場... 詳細表示

    • No:10351
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 特注加工できるガラス素材は?

    代表的な素材は、ホウケイ酸ガラスⅠと石英ガラスの2種類になります。 詳細表示

    • No:10353
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • ガラス器具に飛散防止のコーティングは可能ですか。

    飛散防止用のフッ素樹脂コーティングが可能です。 一般的なフラスコはもちろん、4ツ口フラスコ・セバラブルフラスコ・分液ロート・三重式反応容器など様々な形状に対応可能です。 大きさも、20L程度のフラスコまで対応可能です。 詳細表示

    • No:10359
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 特注ガラス器具の組合せ製作は可能ですか。

    ガラス器具の製作だけでなく、システム、プログラム制御のご提案まで可能です。 詳細表示

    • No:10360
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • ガラスの特注加工はできますか。

    ガラスの切削加工から、ご希望に合わせた実験用器具の製作、壊れてしまったガラス器具の修理まで対応しております。 ご依頼は、WEBサイト・特注ラボよりお問合せ下さい。専任担当者が迅速に対応いたします。 詳細表示

    • No:10345
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • ガラスの修理依頼方法は?

    まずは、ご使用のガラス器具の写真をWEBサイト・特注ラボよりお送りください。 専任担当者が内容を確認し、修理可否をご連絡させて頂きます。 尚、ガラス修理品には、肉眼では確認出来ない傷も多く、火加工するとそこから割れる場合もあります。 そのため、修理をお受けする際は、万が一破損する可能性があることをご... 詳細表示

    • No:10350
    • 公開日時:2015/09/17 00:00
  • 特殊なガラス素材の取り扱いは?

    はい、取扱いしております。特殊な鉛ガラスや、テンパックス、石英ガラス、強化ガラスなど各種ガラス素材の取り扱いをしております。 詳細表示

    • No:10354
    • 公開日時:2015/09/17 00:00

16件中 1 - 10 件を表示